イベント車のラッピングで効果の高いPR

注目度の高い企業イベントや広告PRなど、人目を惹き宣伝効果が高くなる方法として、イベント車などにラッピングを程して行う方法があります。イベント車両としてラッピングで装飾する場合、多くの場合バスや大型トラックの荷台などに行います。イベント性の高い車両としては、ショールーム型の販売車や様々な震度を体感できる地震体験車などがあり、PR活動や工法において民間や行政問わずに活用されています。また、アーティスト専用のイベント車両にはツアーバスやトレーラーなどがありますが、これらにもアーティスト独自のデザインが施されたラッピングが使用されています。

様々なメーカーが移動する際の英御者を広告塔にする場合があり、飲料メーカーなどの自動販売機サービス用の車両には、自社製品の広告が目を引くように配されています。輸送中の車両に施される広告は見た目の印象が強く、認知度の高い商品にはさらに宣伝効果は高まります。簡易ステージトレーラーなど、わずかな時間でイベント対応に変換できる車両には、イベントごとのPR名を装飾することで、イベント車両とラッピングの関係はさらに深まっていく傾向にあります。イベント車両に限らず、現在では各地域の町おこしや地域おこしの広告を、バスや電車にラッピングするケースも多く見かけます。

地域に関連する行事の場合は、地域外への観光客へのPRに限らず、地域内の人々へもアピールすることにより、連帯感を持つことができるように、意識づけを行うことにつながります。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*