ラッピングされたイベント車両の魅力

様々なイベント車両を見ると、宣伝広告のために色々な絵や写真、文字などが書かれてあります。あれはいったいどのようにして作るのだろう思ったことはないでしょうか。実は、ラッピングという特殊な手法を用いて作られています。ラッピングというのは、物を綺麗に包むことを言いますが、イベント車両のラッピングも同様です。

実は、薄い特殊なフィルムを貼って、クルマのボディを包んでいるのです。決してボディを塗装したり、ボディの上からエアガンなどを使って巧に描いているわけではありません。イベント車両に使われるラッピング用のフィルムは、薄くて、柔軟性があり、またその上から印刷をすることもできます。そのために色々な絵や写真、文字などを印刷することができ、曲面のある個所でもしわにならないように伸ばして貼り付けていくことができます。

DIYでチャレンジすることもできますが、かなり高度なテクニックと経験が必要になるので、失敗を避けるためにもプロの業者にお任せするほうが良いでしょう。イベント車両のラッピングでは、イベントが終了した後に剥がして、次のイベント用にデザインを変えることができます。これも塗装ではできない大きな魅力です。なお耐久性についてはとても高いと言えます。

雨や紫外線に対しての簡単に劣化することはありません。もちろん、永久に劣化しないというわけではありません。耐用年数は2年~5年程度ですが、使用状況によって大きく異なります。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*