多様な状況で応用できるイベント車両のラッピング

イベントを実施するときには亜使用する普通車やトラックなどをリッピングすることでアピール力を上げることができます。イベント車両を作成する典型的な場面としてステージカーを活用したイベントがありますが、車にただ看板を取り付けるよりもラッピングを行った方が車両全体を使ってイベントカラーを広めることが可能です。特にステージカーとして使用するわけではないという場合にも、イベントに合わせて宣伝広告をプリントし、そのイベントカラーに染めたイベント車両を走らせているだけで効果的な宣伝広告になります。近隣に駐車しているだけでも宣伝ができるため、イベントの集客効果を高めたいと考えたら積極的に利用すると良いのがイベント車両です。

ラッピングは手軽に行うことができて剥がれることがないのが魅力です。たとえ雨が降ってしまったとしても木製の看板のように濡れてしまうのが問題になることはありません。金属の看板のように日光の照り返しによって見づらくなってしまうこともなく、車のもともとの姿を生かしたままアピールしたい内容をはっきりと示すことが可能です。ペイントしてしまうのとは異なり、ラッピングは剥がしたいときには接着を剥がす薬剤を使えば簡単に落とせます。

イベントのときだけイベント車両として活用し、それ以外のときには社用車として営業や配送などに使うということも簡単です。多様な状況で応用しやすいのはラッピングを使ってイベント車両を用意するメリットになります。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*