イベント車両をラッピングで制作するメリット

イベントなどで使用する車両はそのイベントの象徴として様々なデザインを施すことが求められ、そのために多くの費用をかけている企業も少なくありません。まず第一に使用する車両は独自の塗装を施すことが求められるため、基本的にレンタカーなどを使用することができる車両を購入しなければならなくなる場合が多いものです。また塗装費用にも多額のお金がかかるため、その費用が膨大になることが多いのです。自動車会社などがスポンサーとなり車両を用意できる場合は良いのですが、イベントにおいてはそうでない場合も多く、特に小規模のイベントの場合には費用が捻出できない場合も多いため、自費でイベント車両を用意することが非常に難しいものです。

しかし、小さなイベントの場合ほどイベント車両を用意することが非常に高い集客力を招くと言う実態もあります。そこで最近よく利用されているのがラッピングの手法です。ラッピングは最近バスなどで利用されている広告宣伝の方法ですが、あらかじめ印刷されたシートをボディー全面に貼り付ける方法のため、車両を塗装することなく外観を大きく変えることができるのがメリットで、かつ不要になったら剥がして元に戻すことができるためレンタカーなどにも使用できるのが大きなメリットとなっています。さらに塗装の場合には繊細な文字や画像を表示することが非常に難しいのですが、ラッピングの場合には印刷されたシートを貼り付けるため鮮明に表示できるというメリットもあります。

効果的にイベント車両が製作できる上、費用もかからないとしてラッピングによる方法が最近主流となっており、多くのイベントで用いられています。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*