ラッピングで愛車を自由にカスタマイズ

Processed with VSCOcam with p5 preset

愛車を購入する際には、デザイン、性能、カラーなどをよく考えてからというのが基本です。よほどの資産家なのであれば、気分に応じて乗る車を変更できるほど所有することも可能ですが、一般的な家庭ならば1~2台しか所有することはできない状況であることが少なくありません。夫、妻それぞれが1台ずつ車を所有する形になるわけですが、その1台を長ければ10年以上使用することになる以上、しっかりと長く使用できるものを選ぶことが肝心です。しかし、いくら厳選したとしてもどのような結果になるのかは分かりません。

白や黒、なおかつオーソドックスなデザインならば不満が生まれにくいものの、どれほど無難な選択をしたところで100%不満が出てこないという保証はありません。もし、途中でデザインやカラーを変更したくなった場合には、全塗装の場合で30万円以上の費用が必要になってしまうので、いっそのこと新しい車を購入した方が早いという状況もあり得ます。ただ、安くデザインを変更する方法がないわけではありません。塗装によるデザイン変更はコストが非常に高くなってしまいやすいのですが、「ラッピング」という方法であればローコストでデザイン変更が可能です。

ラッピングとは、簡単に言うと「シールを貼ることでデザインを変更する方法」で、全体的なカラーを変更することは少々大変ですが、部分的なデザインを変更する程度ならばラッピングで十分に対応することができます。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*